EDの症状にもちろん程度はありますが、どこからがEDと診断される基準は知っていますか?EDの原因は心因性のものが多くを占めていると言われています。こちらではEDの基準や原因、それの改善法を紹介します。

  • ホーム
  • 肺病にも効果ありED治療薬で安価なものならペネグラ

肺病にも効果ありED治療薬で安価なものならペネグラ

通販で注文をしようとする男性

肺高血圧症のひとつに、肺動脈性肺高血圧症がありますが、これは心臓から肺への血流が悪くなり、やがては心不全となって、死に至ることもある重い病気です。
この病気の治療には、ED治療薬の成分である、シルデナフィルやタダラフィルが用いられています。
これらの成分には、PDE5と呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があり、それによってEDの症状を抑えられます。
肺の血管にもPDE5が存在していて、肺動脈の平滑筋を弛緩させ、肺動脈の血圧を下げ、血流を改善することで治療できるので、陰茎の血管と肺動脈の血管という差はあるものの、薬の作用としては変わらないものになります。
ED治療薬は血流改善の効果があるので、シルデナフィルが成分のバイアグラや、タダラフィルが成分のシアリスを摂取すれば、勃起に必要な血液や栄養が十分行き届くようになり、正常な勃起が出来るようになります。
お近くの泌尿器科で診察を受ければ、どちらも処方してもらえますが、保険適応外なので、それなりの出費を覚悟しなければなりません。
バイアグラは1錠1300円~、シアリスは1錠1700円~の価格になりますし、さらに診察代や検査費などがかかるので、高すぎるので、毎回通院するのは無理と感じる方もあるでしょうね。
そんな方は個人輸入代行通販を利用し、バイアグラジェネリックのペネグラを購入するようにしましょう。
ペネグラの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルなので、効果はほとんど同じなのに安いので、費用を節約したい方におすすめです。
ペネグラは1錠400円程度で、バイアグラやシアリスよりも買いやすいので、個人輸入代行通販で見つけたら、まとめ買いをするようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧