EDの症状にもちろん程度はありますが、どこからがEDと診断される基準は知っていますか?EDの原因は心因性のものが多くを占めていると言われています。こちらではEDの基準や原因、それの改善法を紹介します。

EDの原因について

考える男性

EDの原因は心因性、器質性、そして薬剤性のみっつに分類することができます。
これらの内、ひとつの原因で発症することもあれば、複合して発症することもあります。
まず心因性です。
これは性的事柄に対する嫌悪感や恐怖心、ストレスなどが引き金となって、勃起に必要なための性的刺激が感じにくくなっている、またその刺激が神経に伝わりにくくなっているのが原因です。
どんなことに対して、どんなことをどの程度、感じるかと言うのは人により大きく異なります。
ですから安易に、これくらいのことで悩むなんて情けないと言うふうに自分で判断してしまわないことが必要です。
また最近では、パートナー間での子供を授かることに対する考え方の違いが、心因性EDにつながっているケースも多くなってきています。
このような場合には、パートナーと話し合いの場を設けることも必要です。
それから器質性です。
これは病気や怪我、また健康状態の悪化や加齢に伴い、血管や神経に支障が発生することが原因です。
勃起が果たされるためには、性的刺激が神経を伝うこと、そして血液が十分な量、陰茎海綿体に流れ込むことが必要です。
そのため神経や血管、血流にダメージが発生すると、そうしたことがうまく行われにくくなるためEDが出やすくなると言うわけです。
この場合、その疾患などの治療、健康状態の改善をはかるのがいちばんです。
ただし完治が難しい状態に関しては、EDを改善するための薬を服用することも必要になってきます。
食生活の乱れや自分の健康状態に不安があると言う人は、それらを改善、解消するだけもEDの状態が大きく回復することもあります。
そして薬剤性ですが、これは中枢神経や末梢神経に作用をもたらす薬剤、循環器系や消化管に作用をもたらす薬剤の服用が原因です。
これらの薬を服用している場合は、一度、医師に相談してみると良いです。

関連記事
人気記事一覧