EDの症状にもちろん程度はありますが、どこからがEDと診断される基準は知っていますか?EDの原因は心因性のものが多くを占めていると言われています。こちらではEDの基準や原因、それの改善法を紹介します。

EDの改善方法は?

スマホで改善法を調べる男性

EDの改善方法を知るためには、EDになる原因を知ることがいちばんです。
一口にEDと言っても、その発症原因は複数あり、それによって改善のために必要な方法も異なってくるためです。
まずは心因性です。
たとえば性的事柄に対して嫌悪感があるとか、過去のトラウマで性交渉に前向きになれない、強い拒否感があると言うことが例としては挙げられます。
また強いストレスもここに該当します。
この場合、改善のためには、嫌悪感や恐怖心、拒否感、ストレスなどを解消することが必要です。
自分でその原因がわかっている場合は、それを上手に解消していくことが求められます。
しかし中には、自分でその原因がわからないと言う人や、辛い出来事などを心の奥深くにしまいこんで、無かったことにしてしまっていると言う場合もあります。
その場合は、専門医の力を借りて乗り越えることが必要になることもあります。
またパートナーとの話し合いが必要になる場合もあります。
次に器質性の場合です。
たとえば糖尿病や高血圧などの症状があると、勃起に必要な神経の伝達、血流に支障が発生する可能性も高くなるためEDが出てくることもあります。
これらの疾患は自覚症状がないことも多いのですが、食生活が乱れているとか、喫煙習慣があると言う人の場合は、これらが原因であることも疑われます。
この場合は、それらの症状を改善していくことがEDの改善にもつながります。
それらの症状にはなっていなくても、その手前であると言う人は、食生活を改善したりするだけでEDが改善されることも珍しくありません。
逆に器質性でも、その原因となっている疾患や怪我が明らかになっている場合は、その治療に専念することが第一です。
しかし完治にも限度があると言う場合は、EDを改善するための薬を使用して、上手に性機能と付き合うことが必要になることもあります。

関連記事
人気記事一覧